ららぽーとの情報を毎月お届け!特集記事

ニュース

子どもの為の「崩れない」浴衣の着付け方

2016.07.11 | tomoni編集部

子ども用浴衣は金魚や朝顔などかわいらしい柄がたくさん。あらかじめ、おはしょりが縫い止めてあるため大人と違って着付けはとても簡単です。着付けができないママでも安心ですよ。

 

2016年浴衣トレンドから、崩れない浴衣の着付け方まで教えていただいた「鈴乃屋」さんに、今回も教えてもらいました。

 

テレビを見せながら着付けスタート

子ども用浴衣の着付けは、まずは子どもの両手を肩の高さまで上げた状態で、じっと立たせるところからスタートです。「動かないで」と言ってもなかなかじっとしていません。テレビを見せておくと1ヶ所を見つめているため、動きが少なくて楽ですよ。

 

幼児は苦しくなってしまうので、結び目は作らない

160615yukata22

 

1、浴衣を羽織らせ、浴衣に付いている紐を結びます。

 

160615yukata23

 

2、小学生以上のお子さんの場合は、片縄結びで大丈夫ですが、幼児の場合は結び目が苦しくなってしまうので、結んだ後に、結び目を縦に回転させ、紐に絡ませるといいそう。

 

160615yukata24

 

3、子どもの帯には柔らかい兵児帯(へこおび)を使います(小学校高学年頃からは大人と同じ帯を使います)。

 

160615yukata25

 

4、兵児帯は2つに折り、巻いて背中で結ぶだけ。簡単にリボン結びでもOKですし、写真のように、リボンを片方長く取ってグルグルっと巻くと崩れなくて良さそうです。

 

160615yukata26

 

160615yukata27

 

なお、子どもの浴衣の着付けには男女の違いはないそうです。慣れてしまえば10分ほど。浴衣を羽織らせ、紐を結んで、帯を結ぶだけ。大人と違い短時間で簡単に子どもに浴衣を着付けることができますね。

 

160615yukata21

 

ちなみに「鈴乃屋」さんの子ども用浴衣のお値段は4,800円から、帯は2,500円から。

 

スタッフの方によると、子ども用浴衣を買いに来て、ついついママ自身の浴衣も買ってしまうことがよくあるそうです。柄や色を合わせてコーディネートするのも素敵ですね。

 

「鈴乃屋」さんが選ぶ、2016年の浴衣トレンドもチェック♪

 

ららぽーと立川立飛店「鈴乃屋」
TEL : 042-512-5378
リンク : 鈴乃屋のゆかた

 

tomoni_rarapo_160112

キーワード

tomoni編集部

tomoni編集部

食べること、飲むこと、家族や友達とみんなで楽しく過ごすことが好き。「ともに過ごす時間を楽しむこと」をテーマに、食や健康など、日々の暮らしに役立つ情報をお届けします。